白衣のケアは大切

職業柄、常に清潔なものを着用する必要がありますが、実際は綺麗な仕事ばかりではなく、時には、様態の急変などによって患者さんの排泄物や嘔吐物、血などがかかってしまうようなことは、よくあることなのです。さすがに、その白衣を家に持ち帰って洗濯するのは、少しきついものがありますよね。なので、シーツなどと同じように専門の業者さんが引取りにきてクリーニングして、綺麗で清潔なものを置いていってくれるようにしているところが多いようです。そのため、レンタルで清潔な状態を維持することが出来るため、とても欠かせないサービスなのです。

白衣には、何種類かの色や最近では男性の看護師も、増えてきているのでスカート、パンツといったように色んな種類があるのは知っていましたか。私のイメージでは小児科などの看護師さんは、ピンクやブルーの白衣を着ていたり、ICUや救急の看護師さんはパンツスタイルの白衣を着ていたりというような感じがあります。病院や部署によって、白衣のスタイルが決まっているところもあるみたいで、たくさんの看護師さんが揃っていると圧倒されるような時もありますね。白衣の天使と呼ばれる看護師さんたちの仕事はとても辛く、時には嫌になることもあるでしょうが、患者さんやご家族と接するときはみなさんいつも笑顔だからこそ、天使と呼ばれる職業なのでしょう。